男児宮参り着黄変加工(子供きもの)-染み抜き、再生加工-

※画像の矢印を左右に動かすとビフォア⇔アフターをご覧いただけます。※
30年前の子供きものです。良い着物はこうして代々使われ、着物に携わる者としてはとてもうれしい限りです。
衿元についたシミ(当時は見えてなかったかもしれません)
長い年月とともに古いしみが酸化し、変色シミ(黄変)としてでてきたものです。
長い年月のたった古い変色しみ(黄変)は、
付いたばかりのシミとは違い簡単には落とすことが出来ません。
カビが原因の黄変は、一度全体の丸洗いをします。
それから変色している所を一つ一つ薄くなるまで回数を重ねて加工しました。
しみ抜きを含めた再生加工を致しました。


襟元についたシミ。年月とともに古いしみが酸化し、変色シミになったものです